お知らせ

【速報】ネパールで3校の開校式

1月27日にプラカス小学校、プラカス中学校、1月28日にジャナジャグリティ小学校の開校式が行われました。
後日、詳細に1校ずつご報告しますが、喜びに沸いた現地の様子を、早速ご覧ください。


プラカス小学校、中学校は、三浦小学校、萩平中学校として開校式を迎えました。
ひとつの敷地内で1年生から8年生が勉強をしています。
小さな子どもから、少し大人びたおにいさんおねえさんも、日本人を迎えてくれました。

上級生は開校式の準備にも汗を流します。

「みんなの学校、みんなの開校式」



吉田小学校として開校式を迎えたジャナジャグリティは山の斜面に立つ小さな学校。
生徒たちも小さい子が多く、開校式も「手作りの開校式」といった雰囲気でした。
村も人も素朴で、物もお金もない。それでも開校のお祝いと日本人の歓迎を、一生懸命してくれました。


3校とも2015年4月のネパールでの地震によって、校舎を失っています。仮設の校舎はトタン板と木の棒を組み合わせて作ったといいます。
約350人の子どもたちが、これからは屋根と壁に守られて、勉強できるようになりました。


トップへ