ボランティア

【メモリアル】岸本小学校 ラオス プーケオ【開校式】

愛知県の岸本明美ボランティアキャプテンは2014年1月22日に岸本小学校の開校式を迎えました。その様子を振り返ります。





ラオス北部 ヴィエンカム郡の早朝
1月は霧が立ち込めます




学校近くで出会った姉妹
どちらも日本人を見るのは初めて 




学校の敷地内には村人手作りの遊具 




開校式が始まります
まだ恥ずかしそうな子どもたち




この訪問でラオスのことが
大好きになったという岸本さん
ごあいさつにも笑みがこぼれます




学校からの記念品は竹編みのかご
祭祀用ですが元は蒸した米を入れる
「おひつ」のようなものです




生徒代表によるスピーチ
恐らく初めての大舞台 緊張が伝わってきます




生徒たちへ学用品をプレゼントします




教室の中に入り
「客人の旅の無事を祈る」バーシーの儀式
村人から紐を手首に結いつけてもらいます




教室の外では村のお母さんがたが食事の準備
「この村では年に1回あるかないかの大イベント」
とのことでした




教室の中で交流会
年も言葉も違う人たち
喜びは同じです




岸本小学校 ラオス プーケオ


トップへ