ボランティア

【メモリアル】竹内小学校 ラオス フアイチャン【開校式】

2014年1月22日 愛知県のボランティアキャプテン竹内昌子さんが開校式を迎えました。
ラオス北部 ヴィエンカム郡ではこの日、岸本小学校につづき、2校目が開校。
数珠つなぎの感動を振り返ります。




竹内小学校への道のり
車一台がやっと通れる道幅
綺麗な四駆車は目立ちます




村人、生徒たちからの歓迎を受ける一行
花道を通る竹内キャプテンには満面の笑み




生徒たちは日本人を見るのは初めてでしょうか
珍しいやら、恥ずかしいやら




竹内キャプテンのごあいさつ
両手を合わせて「サバイディー!」




竹内さんから生徒たちへ学用品のプレゼント




村から歓迎の記念品
竹編みの魚籠(びく)と蒸し器です
稲作が盛んで、海がなく川魚を食べることの多いラオスを象徴するような品です




就学前の子どももいました
開校式では小さな弟、妹の姿も見られます




新校舎の教室内
子どもたちの集中力が続くよう、採光、風通しなどの向上に工夫がされています




長女の武田彩乃キャプテンと
隣には衛生教育啓発のポスターが
トイレなどの設備の普及の遅れが伺えます




新しい教室で生徒へのインタビュー
緊張しながらも「好きな教科」や「将来の夢」をぽつりぽつりと話してくれました




竹内小学校 ラオス フアイチャン


トップへ