エルセラーン1%クラブのボランティア活動エルセラーン1%クラブのボランティア活動

エルセラーン1%クラブ発足35周年に寄せて暗いと不平を言うよりも、
あなたが進んで明かりをつけなさい

NHKの連続テレビ小説「おしん」が話題になっていた1983年の夏、エルセラーン1%クラブが生まれました。

1981年4月にエルセラーン化粧品を創業して3年目。21歳のころにカトリック教会で観たマザーテレサの記録映画に魂を揺さぶられ、自らもボランティアに人生をささげると誓った決意を実践する「エルセラーン1%クラブ」が、始動したのです。

私がマザーテレサの生き方をめざした原点には、終戦前後の少年時代の体験があります。徳島の小さな漁村に生まれ、父をシベリア抑留で亡くした私は、病弱な母と極貧の暮らしを強いられましたが、母子で助け合い、喜怒哀楽を分かち合いながら、生き抜きました。

1%クラブの活動が今、発展途上国への学校建設に昇華していることは、そんな少年時代を過ごした私には、とびきり嬉しいことです。子どもたちこそ「未来」そのものであり、読み書きそろばんが「生きる力」を育むからです。

学校建設は今、東南アジアを中心とした10カ国に153校が開校し、エルセラーンの学校で学んでいる子どもたちは、2018年11月時点で、4万人にのぼっています。

マザーテレサは、次のように言っています。

「暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい」

道は自ら切り拓け、とマザーテレサは言っているのです。

私の考える「哲学的な生き方」は、人生に階段をつけることから始まります。

ゆりかごから墓場まで、生涯、勉強です。

てっぺんにマザーテレサを頂いた「夢の階段」です。みなさん、世界の子どもたちの笑顔に繋がる「夢の階段」を、これからも自ら切り拓いて、1段1段、いっしょに昇っていきましょう。

エルセラーン1%クラブ代表 石橋勝

学校建設活動

“私たちの学校”
エルセラーンの学校建設

学校建設活動

エルセラーン1%クラブの活動のメインとなる、途上国での学校建設活動。2018年現在10カ国で153校の学校が完成。およそ4万人以上の生徒が学校に通っています。

国際教育自立支援活動

ほかにもスラムの子どもを対象に規律や道徳心を育むモンテッソーリ幼児教育の支援などもサポートしています。

その他の活動

国内各地での災害支援金寄付、歳末助け合い、教育福祉活動への協賛・寄付など

支援各国から表彰、
感謝状をいただいています。

タイ王室、ベトナム、バングラデシュ、アフガニスタンより
エルセラーン1%クラブの活動に対する感謝状をいただいております。

エルセラーンに興味を持ってくださったみなさまへ

エルセラーンの商品をご愛用いただくことは、途上国の子どもたちの教育支援につながります。

エルセラーンは、ネット販売や店頭販売をしていません。エルセラーンの商品は、全国各地で活動している販売員のみなさまからお買い上げいただくシステムになっています。

商品の良さと共に、エルセラーンのポリシーや理念を、丁寧に伝えたい。そのためには、人から人への対面販売を原則とする―そんな想いを込めたシステムです。「販売員紹介・カタロ請求」から、みなさまの地域で活動する販売員をご紹介いたします。

全国各地でエルセラーンをお伝えするホームパーティ(左写真)や、「つや肌美人になれるメイクレッスン」を開催し、エルセラーンの化粧品によるビフォー&アフターを体験していただけます。その後は、各地のホテルで開催するフェスティバル(右写真)にも、どうぞご参加ください。

どちらも、みなさまのお近くの販売員からご案内いたします。

トップへ