企業情報

ご挨拶

私たちの心得

会社概要

ご挨拶「みなさまこそ世の光に」

エルセラーン化粧品株式会社 代表取締役社長 石橋勝

マザーテレサは36歳の時、「来て、わたしの光になりなさい。すべてを捨て、最も貧しい人の間で働きなさい」という神の啓示を受けて修道院を飛び出し、インド・コルカタのスラム街で、飢餓や貧困、病気に苦しむ人々に寄り添うことを始めました。

私は、そんなマザーテレサの生涯を見習いたいと1981年4月に、大阪の地で化粧品会社を興しました。

起業(企業)理念として①国際ボランティア②地球環境を守る(ストップ・ザ・ポリューション=公害防止)③生涯心を磨く④以上の①②③を仕事にする―の4つを掲げました。

それから38年。社員をはじめ、「ボランティアキャプテン」「ボランティアパートナー」と呼んでいる全国の販売員のみなさまとも4つの理念を共有し、歩んでまいりました。

発展途上国への学校建設は、その実践のひとつです。教育は「生きる力」に繋がります。貧しい子どもたちが、新しい学校で学び、巣立っていく姿は、未来の希望そのものです。

これからも、みなさまと共に、世界平和や地球環境の保全に貢献できる「夢の階段」を昇っていきたいと、想いを新たにしています。みなさまにこそ「世の光」になってほしいと、心から願っています。

エルセラーン化粧品株式会社
代表取締役社長  石橋勝

お客さまに接する「私たちの心得」

全国のボランティアキャプテン、ボランティアパートナーのみなさまや社員の「お客さまに接する心得」は、エルセラーンの起業理念を、きちんと認識することから始まります。

お客さまへの対応は、お客さまの声に真摯に耳を傾けるところから始まります。それは、利他愛の実践にほかなりません。「健康」と「美」が危機にさらされた時、お客さまは不安に襲われます。だからこそ、私たちは、「健康」と「美」を自然の恵みで育むことを貫かなければなりません。

ピンチをチャンスに変える「知識」と「技術」は、教育カリキュラムから学べます。子どもたちの笑顔を思い起こして対応すれば、お客さまからのクレームさえも、きらきら輝く宝物になるのです。

会社概要

トップへ